腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/31(Sun) 23:30
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです!!


去年に引き続き今年もDOLで年越し予定。
となればあれをやらずばすまんだろう。

というわけで今年もやらせてもらいましょう。

除夜の腹筋2006

去年はセビリアでやったので、今年はリスボンかなどと最初は思っていたんだが、なんと光栄の陰謀で年末は大海戦!
その目標港はなんとブレーメン

そういうことなら、戦地からもっとも近いアムスでやれという天のお告げに相違ねぇ
23児海戦終了後もばっちり見にきて間に合うぜ


ってなわけで

除夜の腹筋2006


今年の除夜腹筋はアムスで23時から
むろんこれが本年最後の公演
みんなの煩悩を払うべくリクエストに応えつつ108回の腹筋を行ってきれいな体で新年を迎えようぜ。


そして、これだけじゃあ終わらない
スポンサーサイト
2006/12/31(Sun) 21:54
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。

今年ももう終わろうとしている。
大晦日、なんのエントリを書くべきか。大海戦か?トッ子の話か?

今年のことを振り返った時、最後に語っておかねばならないことはたった1つしかない。ずっとオレを助けてくれた一人の少女。その少女との切なすぎる別れ。
(このエントリはカエデ編と連動しています。併せてご覧くだされると幸いだぜ)

正直、想像外だったこの別れはオレにDOLライフ最大級の衝撃を与えた。
それが発覚したその日はオレたちの商会イベントの当日だったため、ショックを受けたオレがモチベーションをなくすことを恐れたHRRがそれをおもんばかって、翌日までそれを隠し通したくらいだった。

実際、その後オレは絶不調に陥った。
ドンと抗争していたこともあって、中の人のマレー長期出張もあって、一切がっさいほとんどのフレとの交渉を断って、一人で自分の気持ちを整理できずに過ごした。
唯一、水曜のラジオが他人との交渉の場になった。
そこで虚勢を張ったオレは必死で元気を振り絞ってしゃべっちゃいたが、敏感な人はオレの調子が明らかにおかしいことに気づいたらしい。
何人ものフレが心配してくれ、励ましてくれたが、それでもオレの心は晴れなかった。
調子が悪いなら休んだ方がいいよと進めてくれたフレも幾人もいたが、オレはいよいよ思い残すことがなくなるか、過疎でゲームが成立しなくなるまでは、プレイし続けると普段じゃら公言していたことに引きずられ、意地になってインし続け義務のようにゲームをし続けてしまった。

その後、12月に入り、いろんな方面から「もう公演はしないの?」と聞かれたオレは、なんとなく、そうなんとなく引っ張られる形でクリスマスイベントの開催を発表した。
例によって自分の言葉に縛られたオレは、不安を抱えたままその準備に入った。


そういえば去年のクリスマスイベントの時もオレは体を壊してて、みんなに助けてもらいながらやったんだったな。
その後の1周年公演も、GW公演も、今年の腹筋ツアー2006もずっとみんなに、特にあの少女がオレを助けてくれたんだった。
そう思った時、再び胸が締め付けられた。

結果的にオレはこんな日にもかかわらず見に来てくれた、応援のメッセージをくれたサポーター達、そしていつものごとく駆けつけてくれたサポーター。さらにはオレを励ますために誕生したトッ子の存在に助けられなんとかクリスマスイベントを終了することができた。
いろいろ課題もあったが、なんとかショックを乗り越えて、先に踏み出すことができたと実感できた。

だからこそ、この後もオレが活動していく上で、新たな一歩を踏み出す上で、そして忘れえぬ思いと感謝をこめて、あの少女の思い出を語っておかなければならないと思った。
ここまで見てなにを大げさなとか、たかがゲームでと思ってる人もいるだろう。
でもオレは、本音として、心からの思いをこめてこのエントリを書いている。

オレがその少女、神子上きりんと出会ったのは2005年の真夏のことだ。
世界腹筋ツアーをはじめて3日目のオレはハンブルグ公演を行った時、なにをしているのだろう?と興味を抱いた彼女はオレの拙い公演を見物してくれた。
そして応援しますねと言葉を残して記念撮影をして別れた。

オレときりんさんとの出会い

去年の8月公演3日目に出会ったオレたち。
その時はパフォーマーと1観衆の形で別れた。

そしてオレたちはその翌日早くも再会した。
その日休みを利用して8港で奉納公演をすべく大忙しだった。
なんとかダブリンでグレッグ師匠を捕まえ、カレーでねおさんを捕まえ、公演を成立させたオレだったが、アントワープでは無観客状態に陥った。

だが、公演はしなければならない。
オレは誰もいない教会前で必死で腹筋を開始した。

翌日劇的に再会

偶然にもそこに冒険クエで通りかかったきりんさんが立ち止まり、オレの公演を最後まで観賞してくれた。
そして奉納ファフニール像を受け取り、さらには高価なアイテムまで是非衣装にとプレゼントしてくれた。
その後、きりんさんは最大のサポータとしてとことんオレを応援してくれた。
腹筋ツアーの宣伝を兼ねてレースに出ようと思っていたがメンバーが集まらなかったオレとチームを組んでレースに出場。


ヨーロッパツアーの大半に駆けつけ、さらにはツアー終了を飾る腹筋祭2005の資金を調達するために、オレがアフリカ-中東-インドツアーをしている間必死に交易して、最大額の寄付をしてくれた。
ツアー終了後、設立された腹筋企画の活動資金の大半は実はこの時きりんさんが稼いできれた資金でまかなわれていたんだ。
きりんさんは超大金持ちってわけじゃない。
むしろお金は必要な分以外はもたないし、身内に気前よく生産物をあげてしまうので、お金持ちの冒険者や軍人ほどにもお金は持っていなかったと思う

アルギンで腹筋音頭の振り付けを練習した日々

腹筋ツアー2005のファイナル前日の一コマ。翌日に備えて猛練習するオレとエステをきりんさんとカエデが見守っていた。

そんな尽力もあって腹筋ツアー2005は腹筋祭の大成功もあって見事終了。
そしてツアー2005の後、ひょんなことからタレッテ艦隊を組んでインドまでいったオレ達。

思い出のタレッテツアーでの一幕


カリカットでいろいろやっていて時間はすでに深夜に、きりんさんがつと話してくれたことがある。

最初にハンブルグで会った時は応援するってはいったけど、そんなにホンキじゃなかったんだよ。
だって全部の港で公演するなんて無理だと思ってた。でもアントワープで誰も見てないのに必死で腹筋してるオレを見て、オレが本気なんだってことに気づいて、だったら全力で応援しなきゃって気分になったとのことだった。

確かにあの時は観客はいなかったし、手を抜こうと思えば抜けたんだよな~。でもあの時のオレはもう必死で必死でそんなこと考えつきもしなかった。
あのツアーはオレの存在をかけた真剣勝負だったんだよ
なんてことを切々と語り、きりんさんはカエデとともにオレの話をうんうんと聞いてくれた。

このときからオレ達は本当に親しくなったんだと思う。

その後もきりんさんとの思い出はつきることはない。
2006/12/30(Sat) 19:14
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。

4回に渡るクリスマスイベントも今回が最終回。
さぁ、ロンドンにはどんなかわいそうな人がいるのやらだ。


そしてロンドンにつくや否や

財布を落とした。
みんなにヘンタイと言われる

と、ここでも様々な不幸が出てくる中・・・・・・

k●●●●:ハルがこねぇぇぇぇぇんだよ!来ても30分ですたorz

との悲痛なシャウト

それはどういうことなんだ。
教えてくれ!!!!

そしてkさんの語った話は、絶望に満ちた悲しすぎる、残酷なものだった

k●●●●:もうね。。。。
k●●●●:こないんですorz

k●●●●:コクられる→30分後→本当に好きな人ができました→ギネス更新
RXXXXXXXXXXX:めりーうなましるー
りぴ:何の話だああヽ(`Д´;)ノ クリスマス不幸話イベント噴水前でやってます!
かりぬ・へぴる:wwwwwwwww
オX:Σ
りぴ:うはwwww
ジントック:ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
りぴ:その展開はひどいwww
ジントック:あなた!奇跡ですよ
ジントック:奇跡だ!それはあああああああああああああああああ
オX:(´∀`)
リンク:脳に病気を患いました。それが不幸です。
kaori:(゚∀。)
ゴロンタ:下り最速!おれ、temu!
なおちき:マーキュリーさんもセクチィ
りぴ:うはwwwwww
RXXXXXXXXXXX:それなら私もだ・・・
リンク:そこ、もともとだろ とか言わない!

ロンドンのみんな勇気を出せ


脳を患った勇者の不幸もさながら、この後ロンドンは地獄の展開に突入する。

以下、その臨場感を伝えるべくそのままログを掲載!
2006/12/30(Sat) 16:18
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。

クリスマス編もいよいよ残すところ2回。
今日はリスボンとロンドンのとびきり不幸な人々を紹介するぜ。

リスボン到着は22時前後というゴールデンタイムだけあって、かなり多くの人が集りはじめた。

リスボン教会前でクリスマスツアー


そして課金切れを起こしていたことにこの時点で気づき、急遽「らくだ姐さん」たる体験アカを投入して参戦した姐さん

そしてその実姉 kellyさん

そして我が愛弟子 りぴ

他にも今までなじみのある人。最近知り合った人。久々にお会いする人と、たくさんの人が詰めかけてくれた。

んでまずはリスボントップバッターはりぴ。

どう考えても不幸とはほどお遠いりぴ。
強いてあげれば、うなす、うなぎと呼ばれ続けることはとてつもない不幸のようなことが気がしなくもないが、そこに目を瞑れば、幸せいっぱいだ。

りぴの不幸はないけど、中の人の兄がまだ会社で夕食の準備もできていないというド不幸状態らしい。
う、これは去年のオレが陥った状態。
確かに不幸だぜ。
ちなみにギャラリーから「師匠がバカでバカで困っています」
という煽りが入ったが、困ってねええええええええええええええええ!

んで次はいづみ
今年の不幸は「セクハラで始まってセクハラで終わりそうな予感がすること」
今月に入ってからセクハラTELLが来るようになったとか。
みんな、セクハラは絶対あかんでええええ!!

などとやってると、突然オレの尻を触りはじめる幼女が1人。

「こら、なぜオレの尻を触る!」
と一喝すると、

「いい尻だからだよ!」
と悪びれないこの態度。

初めて見る名だが、この態度、そしてカエルスーツに身を包んだその姿。
思わず往年の藤波辰美ばりに「お前はロエンだろ」
などと口走ってしまったが、まったく悪びれることはなく。

「ロエンのセカンドです!」
などと元気な声

うむじゃあお前の不幸を言ってみろ!
2006/12/27(Wed) 01:11
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。

知っている人は知っているだろうが、つい先週
オレは生まれてから会ったことのないオレの実の妹、ジントッ子と会うことになった。

その感動の出会いの模様は別にエントリ立てるとしてだ。


そのトッ子は不治の病 体験アカ病28日までの生命だということが判明している。

初めて出会った兄妹の図

オレ、ジントッ子と出会うの図。後ろ姿だけだが、オレと同じ銀髪。
雰囲気もそっくり。設定的には、オレの異母妹ということになるらしい。

初めてあったのにそんなことになっている不憫な妹と思い出を作るべく、どっかに遊びにいこうと約束したのだが、クリスマスイベントが終わるまで、オレはまったく時間がとれなかった。

そして、昨夜インしたときはすでに見あたらず・・・・・・。
今日もインしたが見あたらない。

もう時間がない。
確実に時間がとれるのは定時退勤日の明日くらいだ。

ジントッ子の中の人など正体が一切不明なので、ここで呼びかけよう。
(内情の詳しさから見るに、多分オレのフレの誰かだとは思うのだが)

トッ子!!
兄はお前と再会するのを楽しみにしているぞ!!
明日27日は珍しく20:30頃インしているので、いたらTellをくれ!
もう一度会いたいぞ!!

以上、ほとんど私信ながら、せっぱつまっているのであった。
2006/12/27(Wed) 00:26
みんなークリスマスは楽しかったかい?
ヴィッキー・ジントックです。


さて、今日も今日とて中の人は午前様。
31日まで仕事してることも確定したんで、今日はさくっといくぜ!

というわけで、たどりついたぜ。
Notosの奇人、変人の巣窟セビリア。

あいさつ代わりに古なじみの少女に最近の不幸を尋ねてみると

不幸なるコキュリン


友人にどっか遊びにいこうぜー
と、誘ってみたら、「デート」と断られ、1人寂しくDOLでインしているとのこと。

しょっぱなからクォリティの高い不幸だぜ・・・・
OK、これより不幸な人はいねぇかぁ?
2006/12/25(Mon) 21:24
めりーくりすまっすす!ヴィッキー・ジントックです。

正式な公演としては3ヶ月ぶりとなったクリスマス公演。

クリスマスイブスペシャル

聖夜にバカがやってくる。不幸なあなたにほんのちょっぴりの幸せを。ジントックサンタより愛をこめて

はどうにか終了。

移動時間もあって5時間という1公演としては腹筋史上最長のイベントとなってしまった。

はっきり言えば、グダグダ感もあり、芸人としてのオレが厳しい目でみつめれば、「もっとうまく進行せい!!」という部分はある。

しかしだ。
ほんのちょっとでも寂しさとか、不運とか癒せた人がいるならば、
「それはよし!」
としておこう。

でだ!相変わらず中の人の仕事がボバーーンなので、3回に分けてこの模様を簡単に振り返るぜ。

ノルウェーから来た腹筋サンタ


腹筋サンタ ヴィッキー・ジントック&哀れな出資者 うんえい君
帆もクリスマスカラーに染めて意気揚々と東地中海に見参だ!
2006/12/19(Tue) 22:33
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。

久々の更新&公演のお知らせだ。

中の人は帰国後マラリアを発祥するという波瀾万丈すぎる展開、そしてDOL内ではそんな状況下でも期限切りでやらねばならない約束があって必死で海事してたんだが、そのかいあってようやく昨日目標達成。
これにて、本年の海事納め
えー、もうかよ。まだ今年10日以上残ってるじゃんと思ったそこの君!

鋭い!こっからが本日の本題だ。
オレはヴァイキングであると同時に芸人だ。
芸人にとっては年末年始は一年で一番重要なシーズンだ。
このあたりの特番でクォリティを示せるかどうかで来年以降の生き残りがかかってくるといっても過言ではない。
てなわけで怒濤の年末企画第一弾!


Hukkin Christmas 2006

  ~ライジングバカが街にやってくる~


Hukkinクリスマス2006




2006/12/02(Sat) 21:35
うぉっす、中の人がようやくマレーシアから日本に帰ってきたヴィッキー・ジントックです。
秋口から唐突に仕事量が尋常だないことになり、ブログの更新も滞ってるオレだが、(ラジオを休むかそれともブログを書くかってなくらいの感じだ)

んなわけで、すっかりリアルタイム性はなくしているるが、これだけは書いておかなきゃならねぇ。

この秋、腹筋企画を支えてくれた2人の少女が海を去った。
その理由の全貌は解らない。
だが、感謝の思いを込めて2人の思い出を語ろう。
この企画自体がオレの感傷以外のなにものでもないだろうが、前に進むためにもこれは書かずにはいられねぇ。

これを書き始めてから1月近く。
なんども下書きを見直しては首をひねり、何度も書き直した。

いろいろやったが、どうもまとまったり、綺麗な文章にはできそうにない。
だから、この際、オレの思いをできる限りそのまま書くことにした。
解りにくいところや、見苦しいところはご勘弁だ。

オレがその少女カエデ・ウェンバーンと初めて出合ったのは昨年の世界腹筋ツアーの4日目
ダブリンでの公演のことだった。
その日、ダブリンでオレは偶然にも、その後芸の師匠として師事することになるの前で公演をしていた。

その時、オレに近づいてきて応援してるよと話しかけてきた赤いモラの少女がいた。

カエデとの出会い


その少女こそカエデ・ウェンバーンだった。
正直、ツアーをはじめたばかりのオレは嬉しかった。
今と違って、オレのことを世界の誰もが知らない状態だったから、誰かがオレのことを知ってくれることが素直に嬉しかった。

でもそのときは、演目もなかったし、公演をこなすだけでいっぱいいっぱいだったから、カエデが遠くからダブリン公演を眺めてくれていたことはずっとあとで知ったことだった。

この日はオレは8港を回るという相当に無茶なスケジュールで回っていた。
で、当然公式なんてチェックしているわけもなく、アムステルダムで公式イベントをやっているなんて知らなかった。
オレがアムスに到着した時はその真っ最中というタイミングの悪さ。
初の首都公演だというのに全然観客を集められない手際の悪さに「我ながらこの先が思いやられるぜ」と思いながらはじめた公演だった。

で、その完全に裏番組的公演中に再びカエデは駆けつけてくれた。
オレの公演を楽器を弾きならしてBeBeやギター弾きとともに盛り上げてくれた。
音楽に乗ってダンスしながら盛り上がるという腹筋公演の今に繋がる流れはこの日誕生したと言っていい。
それだけに、オレにとっては思い入れのある公演になった。

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。