腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/09/19(Mon) 09:42
ウォッス。我こそは腹筋邪神の化身ダーク腹筋(完全体)だ。

本日は世界最後の日だ。
腹筋同盟の残党を始末して、この世を暗黒に包み込もうではないか。
用意は万全のはずだった。

ところが、親衛隊参加予定だったはずなのにやっぱ連休だからといって出かけてしまっったもの、装備買ってくれるならいいよと言って装備を買ってやったのに寝過ごしてしまったものだと、親衛隊の集まりは最悪だ・・・・・・
えーい、愚か者どもが・・・・・・。

しかし、急遽馳せ参じたダークナイトN曰く、くだんのマルセイユ幼稚園の30名のうち半分が我に忠誠を誓い闇の世界の住人となることを誓った。
フム、これは悪くない。

異常な違和感

ダークナイトNの到着を待つ我。しかし、この場所から不思議な違和感を感じる。(ここは腹筋ツアー発祥の場所・・・・・・)

そんな折り、腹筋同盟のエステバンより連絡が入った。
準備はできた。ルールを説明せよと。

えーい、こっちはいろいろあって6人しか集合していないのだ。
そのことを告げると
「今さら5対5なんてできないぞ。忙しい中みんなが集まってしまったのだからな」

とあわてふためくエステバン。
わかっておる。最悪の場合は順番に2チーム相手になってくれるわ!

が、開戦直前にダークコネクションを駆使し、急遽強力な援軍の確保に成功。
残り2人。
こうなったらなりふりはかまってはいられない。

ダークフォースを増大させ、ミス・ミノタウリを我が陣営に引き込むことにする。
ムスリムの保護を条件に、ミス・ミノタウリと彼女の友人はダーク軍へと落ちた。
よし、では最後のゲームを始めよう。
ルールは簡単だ。
ダーク腹筋音頭でも言っているように、皆殺し。

10対10皆殺しマッチだ。
総司令会は互いの軍の働きを見守るのみ、つまり敗れた軍は総司令官1人だけになる。
そして勝利者軍の一斉射撃を受けて海の藻屑と消えるという残酷なルールだ。
世界の終わりを告げるのにふさわしいルールだろう。
フハハハハハハハ

決戦の地にはダーク腹筋同盟総司令官もやってきて、ダーク同盟に作戦を授け、暗黒の力を分け与える。
よし、ではでかけるとするかと思ったその時、我らの本営にアンジェリカというあの小娘がやってきたのだ。

やめろ、来るな。
お前は我を混乱させるのだ!うほっ司令官、我を守るのだ。
ミス・ミノタウリがにやりと笑って言った
「ダーク腹筋、次元砲はまだ現役なのですよ」
そう言ってアンジェリカに狙いを定める。
「ヤメロ」
なぜか解らないが、我はミス・ミノタウリと小娘のの間に入って次元砲の発射を阻止した。

なぜそんなことを我はしたのだ。
解らない。だがあの小娘はなぜこうも我を混乱させるのだろうか・・・・・・

「ダーク腹筋、少し休まれた方がよいでしょう」
「ダーク腹筋ョ 異端ノ名ノ元二封印サレシ者ョ 迷ウナカレ・・・」

親衛隊の勧めに従い出撃までしばしの休息をとる我の前に同盟軍の司令官らくだと用心棒HRRが現れた。

決戦直前


我々の巨大な戦力を見ても、一瞬たじろいだものの、
「そう簡単にやられると思うな」
と強がるらくだ!

そして今回は本気だ。本当に本当に本気だと決意をアピールするHRR

そして最後にマスター腹筋の相棒、同盟軍の事実上のリーダー、エステバンが現れ、我の目の前にスクと立った。
表情には悲壮感と、強い決意が交錯している。
「旦那、今助けてやる。待ってろ!」

我とエステバンとの視線が激しく交錯する。

愚か者めが・・・・・・マスター腹筋が戻ってくることはもうない。
そしてこの世は終わりを告げるのだ!

マディラを出撃した我らの前に現れた1隻のガレオン
キヨカズール・・・・・・かつて我がよりしろとした男。
男は愚かにも単騎戦いを挑んできた。

「ジントック聞けー!君はまちがってる!>闇を…暗黒を…影を否定しちゃだめだ!キミがマスターから教わったのは闇を葬り去る力じゃないはずだろ?君なら気づくはずだ… 光と闇は常に表裏一体…我々人間はそういうものだ…だから、闇を理解し受け入れ包み込む優しく力強い男になってほしい…これで俺の航海は終わるかもしれない… さらばだジントック!!」

愚かな、実に愚かな!
親衛隊、一斉射撃せよ!!火を噴く我ら艦隊の砲門。

キヨカズールの最後


そして一瞬にしてキヨカズールは海の藻屑と消えた。

「これは…彼へ伝えることをためらった自分への罰…ダーク…君には感謝している、彼に気づかせてあげる機会を作ってくれたことを」

愚かな、最後まで愚かな男だった。
この惰弱さ故に、我は一度はマスター腹筋に敗れたのだ。
しかし、そのマスターももう死んだ。我に恐るるものはなにもないのだ。

「許さんぞー!」
「キヨさーん」

怒りとともに我らに突っ込んでくる同盟軍。
そうだ怒れ!憎しめ!この戦いのおまえたちに遺された選択は死か、ダークサイドに墜ちるかのどちらかしかないのだからな。

そして戦いは開始された。
我が軍の戦力は圧倒的・・・・・・負けることはありえぬ。

だが戦いは意外な展開で進む。
戦力では上回っているはずなのだが、連携が悪い。
HRRの驚異的な回復能力が非常に同盟軍の助けとなっている。なにをしているそいつからまず倒すのだ。そいつさえ倒せば、戦力は我らの方が上、負けるはずがない。

「旦那~!」
叫ぶエステバンの声!
「負けるな!!」
腹筋同盟軍を応援するものたちの声

最後の戦い


不快だ。そして体の底から湧き起こってくるこの得体のしれないなにかはなんなのだ。
ザザーザ、ザザー
う、意識が飛ぶ。一瞬、虚無の世界へと放り出されそうになる。
我・・・・・・なにが起きている。戦場に戻るのだ!
戦場に戻ってくると、様子がおかしい・・・・・・

バカな・・・・・・親衛隊が全滅している。
ありえぬ、我らの方が戦力はあったはずなのになぜこんなことになったのだ。

「ジントック、オレと一騎打ちをしろ。そこにいるんだろ・・・・・・撃ってこい。あのときお前はバスだったけど強かった。魂がこもってた。みんなと一緒に・・・・・・撃ってこい」

叫ぶHRRとやら
甘い、とことん甘いやつらだ。虫酸が走る。魂だと!そんなものがなんの役に立つというのだ。

「我が方は提督の我だけだ。ルール通り一斉に撃って、この男を海の藻屑と消したらどうだ。それによって我はさらなる暗黒の存在となるがな」

その挑発に乗って思わず射撃をしてしまうものもいる。
それでいい。我が憎しみを増大させろ!!

「やめろ」
エステバンが射撃を中止させる
「思い出してくれよ旦那、ツアーでのことを」

思い出せとばかりに皆が腹筋を開始する。
不快だ、オマエタチハドウシテコウモ不快ナノダ。
我の体の底でなにかが起きようとしている。ヤメロ!今スグ世界を終わらせてクレル!

ジントックは暗黒のオーラとともに腹筋した。空はかき曇りこの世の最後を告げる日食が起きた

「これ以上はまずい!わけがわからないかもしれないけど俺が・・・・俺が旦那を」
そう言ってエステバンとやらが特攻してきた。無駄だ!もう遅い!今、この世は終わるのだ。
「終わらんぜ」

なんだ今の台詞は、誰だ、なにものが言った。
ナンダ。体が、体が動かない!!
そして目前に迫るらくだのガレー。舳先に立つなにか感情を押し殺したようならくだの姿。
手が振り下ろされるやいなや、砲門が火を噴いた!!

「ぐぼぉぉぉぉぉぉ!」
なぜだ、なぜだこの大事なときに体が動かないのだ。

「返して貰うぜ。オレの体を」

貴様、死んだのではなかったのか。

「みんながオレを呼び戻してくれたんだよ」

マスター腹筋・・・・・・この期に及んで・・・・・・・・オノレ、オノレ、オノレ貴様だけは許さぬ。すべての力奪い去ってくれるわ。
我は滅びぬ、お前はすべての力を奪い去られて空っぽのまま死ぬがよい!そしていつの日か我はさらなる憎しみとともにさらに強大になりて・・・・・・
スポンサーサイト

コメント









ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

85.世界最後の日
こんにちわ、水瓶です。マディラの件の一部始終を書いてみます。20時に戦闘開始ということもあって、直前の動きは慌しかったです。私は結婚式のあとは東地中海をうろついていましたので、腹筋党の集合にあわせてセビリアに向かいましたが、ひとつ大きな問題が・・・ //猪突猛進五里夢中 2005/10/02 14:22

トラックバックURL
http://stomachmuscles.blog18.fc2.com/tb.php/121-a09fb818

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。