腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/11/18(Fri) 17:40
うぉっす。ヴィッキー・ジントックです。

少々更新遅れ気味だけど、それはさておき本日からは大海戦スペシャルってことでお届けするぜ。

ちなみにここんとこログインがまともにできたりできなかったりで、世情の情報にはめちゃめちゃうとくなってた。

ただイングランドがどっかを攻撃しようとしていて、どうすればいいか広く意見を求めてサセックスの殿さんが、ロンドン中のある航海者に意見を聞いて回ってたらしい。

オレも久々に家かえるときに、ウェストミンスター寺院の前で「そこの航海者!」って呼び止められて意見を求められた。
もっとも夕暮れでオレってわかんないから呼び止めたらしく、呼び止めたあと「ちっ、腹筋バカか」とこのお殿さんが舌打ちまでしやがった。
ま、心が広いオレはそれは流して、オレの意見を具申しておいた。

でもって、オレが選んだ目標港はマッサワだ。
おっとふざけてなんかいねぇぜ。、まぁ聞け!
ここでもアクエリアスさんが語ってるように、チュニスはイスパニアの要地で死に狂いになって抵抗してくるだろうし、僅差で勝ったとこで投資戦を誘発するだけだ。

じゃあケープか。
ここだってポルトガルにとっての要地で、ここを失わないためには、ありとあらゆる手を打ってきて、海戦なんだが商戦なんだかわかんない展開になるのも見えてるぜ。

だからこそマッサワだ。
ポルトガルの同盟港ではあるが要地とは言い難い。
その状況下で、こんな遠くに集まってくる奴は、ただ激しく戦いたいっていうバカに決まってる。
そんなバカ同士が真っ向から殴り合おうじゃねぇか。
仕様だ、戦力比だ、影響度だなんてこたぁ捨て去って、ひたすら自分達の艦隊が勝てるか、敵を堕とせるかだけを競い合う熱い漢たちの祭りをしようじゃないか・

青ゾーンに近づくな出るなとかで怒られる大海戦はもうまっぴら!
たまにはひたすらに3日間わっしょい、わっしょいと熱く燃えるお祭りよカモン

しかしこの意見はイングランドの宰相、サセックス伯にはなんの感銘も与えなかったらしい。
「そうか、参考にしとこう」(←ぜってぇする気はねぇだろ)
って感じで流しやがった。

まぁ、そのあと鉱石だなんだとやってて、大海戦の前日ロンドンに帰ってきたオレは目標地がチュニスになったことを知った。
しかもイングランドは外交戦略の結果、ネーデルランド、ヴェネツィアと同盟を結び、圧倒的な兵力でチュニスをせめると言いやがる・・・・・・
こいつは凄惨な戦いになるな。やれやれ・・・・・しかもチュニスといえば、うちの一座のカエデの故郷でもある。正直今回は参戦は見送って、バルト海でオレに喧嘩を売ってきた自称ヴァイキングとカタでもつけっか
なんて思ってたところ、サセックスの旦那から正装して王宮に来いって呼び出しがきやがった。

あ、いまさら何の用だよ?

呼び出されたオレ

王宮に行ってみると、ご満悦といった表情でサセックスの旦那が立ってやがる。三国連合とか実行できて得意の絶頂のようだったが、オレの姿を見た瞬間に眉をぴくつかせやがっった。

傲慢なるサセックス伯


「ヴィッキー・ジントック。私は正装で登城するようにと申しつけたはずだな」

あ?悪ぃこいつがオレの正装でな。なにせ蛮人なもんだからな。で、なんのようだい殿さんよ。

「コホン、勅令である。そなたも準備を整えて地中海に赴き、チュニス攻略戦に参加するように」

え?ゴメンだぜ。チュニスを攻める意味なんぞねぇ。勝とうが負けようが戦いで得るもんなんてねぇんだよ。しかも3ヶ国連合まで組んで、負けたら笑いもんだぞ。あんた。そもそも数を増やしたところで防衛戦なんだから、大した意味はねぇだろ。イスパニアには兄弟姉妹同然のやつらもいっぱいいてな。こんなくだらんことで、そいつらと殺し合うなんてまっぴらだぜ。やりたいやつらだけで行きな!

「黙れジントック、お前に代表されるそういった考え方が一部にあることも否めん。挙国一致でこの戦いに臨むためには、くだらん名声であっても一部で名が知れたお前を出陣させ、そういった手合いの意見を抑え込む必要があると女王陛下は判断されたのだ。勅命に従うのだ」

サセックス旦那は、大仰に手を振って強圧的に言い渡した。
その瞬間、オレはキレた。

おう!なにが勅命だ!!イングランド王室がどうのこうのと言ってるが、そもそもてめらなんざ陸に上がったヴァイキングだろうが※あ、ヴァイキングとしては赤毛のエイリークの子孫で、本家本元のノルウェーヴァイキングのオレのほうが遙かに格上なんだよ!ふざけたこと言ってるとはったくぞ

※イングランド王室の先祖であるノルマン朝の初代ウィリアム1世(ギョーム)はヴァイキングの頭目ロロの6代後の子孫。現在まで英王室はこの流れを組む

一喝するや育ちのいいこの貴族のボンボンの頭をヴァイキング式ヘッドロックにでねじり上げてこめかみをぐりぐり。

オレのヘッドロックをくらいな

ヘッドロックして・・・・・

頭ぐりぐり


あまりのことに衛兵も立ちすくむばかりだ。

「おう、オレはあんたが女王代理になるまえのペーペーの坊ちゃんだった頃から知ってるんだ。勅命とか言ってるが、考えついたのはどうせおめぇだろ。やることがな・・・・・・小せぇんだよ!」

言うやオレはサセックスの旦那の背後に回ってヴァイキング式バックブリーカーを一発かます。

くらえ!ヴァイキング式バックブリーカー


叫び声にならない声をあげて絨毯の上をのたうち回るボンボンを残し、広間を退去しようとしたところ

「待てよ・・・・・・」
押し消えそうになるような小さな声でサセックス伯が呼びかけてやがる。
まだ解んねぇのかと振り返ると、床に俯せながら目に涙をためて、オレを睨み付けてやがる。

「貴様になにが解る!このバカヴァイキングが!!イスパニアやフランスの圧力に耐えて、なんとかネーデルランドの独立を保ち国家を守りえて、スコットランド問題を解決し、ようやくイングランドの勢威を示せるようになるまで、我々がどのくらい苦労したと思ってる・・・・・・なのに2言目にはやることが賢しいだの、小さいだの勝手なことを言って貴様達は好き勝手ばかりだ。お前が気分でタベラ暗殺に加担したり、お前の手下が逃亡してバルト海で暴れたりと国に迷惑ばかりかけよって・・・・・あまつさえマッサワをせめろだと。ふざけやがって!!」

このボンボンが鼻水まで垂らして喚きちらしはじめてやがる。
こいつもキレちまったらしい。

「私だってチュニスを攻めるリスクなぞ承知しておる。しかし議会が地中海問題に一手をと言っている以上、他に選択肢なんぞなかったんだ。やるからにはイングランドの勢威を示さねばならん。なのに貴様はまた勝手を言いよって。いいか!お前にはイングランド王家は貸しがあるはずだな!!お前の父親がデンマークの役人に税金を納めず諍いを起こして死に、ノルウェーにおれなくなった貴様達母子をイングランドの臣民として迎え入れた陛下への温情に応えろ!
今すぐ借りを返せ!お前が何と言おうとこれは勅命だ!勅命を果たさぬなら、貴様と貴様の友人を牢に放り込んでやる!行け、戦いに行け!!

貸しの話をされると弱い。
確かに寄る辺がなくなったオレと母ちゃんは遠縁の親戚を頼ってこの国に来て、その親類が流行病で死んだとき、その跡目として郷士としてオレはこの国に受け入れてもらった。それでなんとかその後も暮らしていけたっていうのは事実だ。

でもそれを盾にとるたぁ納得できねぇ。もう1回、この殿さんをぶん殴ってやろうかとも思ったが、さすがに衛兵がオレを取り囲みつつあるし、なによりオレだけならともかくオレの友達まで投獄させるわけにゃいかなぇ・・・・・・。

返しゃいいんだろ返せば!


くそったれ
わぁったよ!今回だけは行ってやらぁ!!だが、これで貸し借りはなしだぜ。

どけ!

オレのそばに立ってる衛兵を突き飛ばし、オレは王宮を退去した。
くそ・・・・・・でもってオレは今回の戦いに参戦する旨を仲間に伝えた。

「エステバン・・・・・・姐さんに伝えておけ。まだオレをPKしたいなら死ぬ気で来いってな」
りぴ・・・・・・戦場でオレを見つけたら手加減なしで撃て。できればオレを他の人間に殺させるなよ!」

カエデは非戦闘員なので、出撃してこないので、双子の姉 きりんさんと殺し合うなんてことにならなくてすむことだけが唯一の救いか・・・・・

こうしてオレたちにとって、いつになく辛い戦いが始まることになった。
アフリカ北岸はオレ達腹筋党の血で赤く染まるのか・・・・・・。
そして明日、オレ達はこの戦いの恐るべき真実を知るのだった。

どこまでがネタかは読者諸氏のご判断におまかせします
参加者一同 大海戦頑張ろうぜ!!うぉっす!

スポンサーサイト

コメント

そか、腹筋王が出てるのか
パンヤばっかりやってないで参戦しようかな




私の対英ヘイトは変わらず高いし
松平 | 2005/11/20 19:31 [ 編集 ]








ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

みなさん楽しめましたかぁ?
無断リンクしまくってます。抗議あればすぐはずします(表現の変更含めて)。すんません _(_ _)_題名のネタもとこちらまたーこちらのおっしゃるとおり、ただの殴り合いの方が心底楽 //赤い目のお酒と青い海と青い空(仮) 2005/12/01 23:51

トラックバックURL
http://stomachmuscles.blog18.fc2.com/tb.php/188-393b6f9e

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。