腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/25(Thu) 23:37
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。


おことわり。
ちなみにこの部分、興奮しすぎてまったくSSを撮っておりません。
ブロガーにあるまじき失敗・・・・・・ちと反省!
どんな画があったかみたい方は、こちらなどをどうぞ

いつもありがとう!“チュニスの母”

しかしさすがにすべてひとまかせはまずい・・・・・・
というわけで昨日登場した第一副官 グレティル

身共もヴァイキングの末裔にて

「身共、死は恐れ申さぬ。死してアインヘリアにて戦い続ける所存にて」

さて今回は昨日の続きだ
ということで、前回までのあらすじ。

・・・・・・・・・・・

んな面倒なことやってられるかぁ!
知りたい人は読みにくい主観に満ちた昨日のオレの記事を読め!!↓

さてと
「「よく見とけ!!これが生き方ってやつよ!!!!!」 」
そう吠えたオレはオレの気合い注入式を見学していたとある一団、NOTOSにその名を轟かせる大海賊、VILIGANの3人組に突進した。
実は彼らは他に確たる目的をもってこの場にやってきていた。
正直、オレに突っかかれるわけなんてねぇというのが本当だろう。
だがそっちになくてもこっちにはわけがある。
昨年末、エステ10番勝負の最終戦でラリ氏率いる各国の有名海賊、有名軍人が綺羅星のごとく並んだドリームチームにエステバンは半殺しにされ、多隻数からなる海賊を見るだけでガクガクなってしまうほどのトラウマを負った。
そのトラウマたるやPTSDと言っていいほどで、徒党を組んだ海賊に狩られる的なキーワードを耳にしただけで逃げ出すほど症状は思い。
そしてつい最近経験した1日海賊。海賊行為がまったくむいていなかったエステバンの心は無残に悲鳴をあげ1日廃業に至ったわけだが、それゆえに世界にその名を轟かす海賊たちを畏怖することになった。自分には決っしてたどり着けない精神の強さの持ち主。絶対勝ち得ない存在として心にその存在を焼き付けちまったわけだ。
そして、それだけならまだしも「それに比べてヘタレな俺」という風に考えちまったこいつはもう顔を上げれなくなった。
下を向いたままになった。

でもな、そうじゃねぇ!
そんな限界なんていうのはてめぇが消えたことだ。
見てろ、今からオレがお前が壁にしてるもの、トラウマにしてるものの正体を見せてやる!

戦闘開始の音楽!
ちなみにオレは戦闘を始めるとき、負ける気で戦う気はねぇ!
確かに数の上でも戦力の差は歴然なのかもしれねぇ!!
だけどな、クリティカルが至近距離で入れば一発で飛ぶんだぜ!
1対多でもHRRがワンチャンスを生かして勝利したとこだって見てる。相手だって人間だ。操作をミスったり、不意をつかれる可能性は少なからずあるんだ!
そのときにクリが決まる可能性は1%以上はある。
負けることを恐れては戦えねぇ!でなきゃ「死霊の船団」ソロクエストとかで40連敗するまで戦えるかって!(いまに勝つ!)
ほんとうに負けるってことは、負けることを前提に戦ったり、恐れて戦わなくなることだ!

まったく惑うことなく戦いを挑んだオレだったが、集中砲火を受けて豪快に轟沈した。
く、悔しい!
だけど勝つことがあれば負けることもあるわな!
それにまだまだチャンスはあるんだ!
勝つまでやればいいだけのこと!100回やれば相手の集中力だって保ちはすめぇ!
その点オレは無茶なクエを一晩中やるとかそういうのに慣れてる体だ!
なによりそういった面での打たれ強さは群を抜いている!
戦えば戦うほどオレが有利になる。

それにな。
これは今日のここにエステバンを呼びつけた時にも言ったが、こいつは単なる勝ち負けじゃねぇ!
存在勝負だ!
1度や2度やられたところで、何度でも立ち上がれば立ち上がるほどオレの存在は大きくなる!
もし100度もやればそれはもう比較するもんがねぇほど、オレの存在は確固たるものになる!

てなわけで、迷いもせずに復活!
トンテンカンテン修理して、再び船首を返して突入準備

そんな姿を唖然と見つめるエステバン。
なに呆けてやがるこいつは!
オレのいかれっぷり、ライジングっぷりを一番近くで見てたのはおめぇだろうが!
こんなのいつものことだだろうが!!

オレは甲板から身を乗り出して叫んだ!
「エステ…どうするかは、お前が決めろ!フクロにされるのが怖いなら…消えちまえ!」

霧の中、エステバンの表情はよくは見えない。

「だがなもし少しでも勝つ事にかけれるならな・・・・・・」
来いや!!


そういうやオレは笑った。
かなりすさまじい迫力の笑いに違いねぇ。

オレは凄惨な笑みを浮かべた自分の顔をちょっと想像して身震いした。
オレの中の熱すぎる血が、中世ヨーロッパ世界を剣で席巻したヴァイキングの血が燃え上がる!
獣のように狂おしく、激しくオレの心臓が鼓動を上げている。

来いやオオカミども!オレの縄張り(北海)で好きなマネはさせねぇ!
絶望などない!目の前の敵に全力で向かっていく。小難しいことは抜きだ!
オレの体が、オレの魂が音を立てて完全燃焼している!
見えてるだろうエステ!これが生きることだ。これが戦うってことだ!

お前は海賊を廃業してから戦闘をしてたかもしれないが一度も戦っちゃこなかった!
自分のやったことを後悔するあまり戦うことを拒んでいたんだ。
それが罪と罰シリーズの連敗街道の正体だ!

10番勝負、あれだけの強敵を相手に勝ち越したお前だぜ!
戦う準備ができてればそんなに一方的にやられっか!!
お前は負け犬ですらねぇ!なにせ戦っちゃいなかったんだからな!
さぁ戦え!もう一度激しく燃えてみせろ!!それができれば戦うことさえできればお前の勝ちなんだよおおおおおお!

もっとも↑は今文章を書く上で挿入したコメントで、戦ってる瞬間のオレは狂おしく激しく、ただその血の熱さに身を委ねて咆吼をあげ、撃ちまくり斬り結んでいただけだ。
ただ来いよ!もう一度戦おうぜって気持ちで援軍要請書をまいて、ただ一人の男の到着を待っていた!

オレの孤立無援っぷりにとっさに入ってくるHRRはじめとした仲間達!
だが戦闘態勢が整ってるものはほとんどおらず、次々と轟沈してゆく。
こいつは正直参った。
そうオレの仲間達のいいところは、決して仲間を見捨てねぇことだ!
だが、それ故にこうもドンガンと沈められちまうのを見ると、またまたオレのバカでひでぇ目にあわせちまったぜぇとちと辛い。
すまんなぁみんな、でもRBの友達になっちゃったお前さん達が運が悪いんだ、あきらめてくれ(笑)と一瞬心の中で手を合わせ、再び敵艦に狙いをつける。


もっとも唯一赤い帆の赤い船体の大型ガレオンだけは、睥睨するかのようにフローニンゲン沖をゆっくりと巡回していた。

「オレたちとVのどちらが傷ついても都合がいい」
と思ったか、
「こやつらのどちらが勝とうが私の計画には大きな影響は及ぼさぬ。せいぜい楽しませてくれよ!」
と思っていたかは皆目見当もつかないが

この海域異常テンション状態でも、自らのスタンスをくずさない。
マフィアのゴッドファーザー
悔しいが、大人物であることは認めざるを得ないようだ。

閑話休題

しかしまだやつは来ない!
ふん、この期に及んでまだふんぎれねぇか!

そう思った時、ヤツが戦闘に参加して来た。
ようやく来たか!まだ心の中に闘志の埋み火だけは残ってたみたいだなぁ。

そしてエステバンは必死でヤツ自身の商会のボスであり、なおかつ決して勝ち得ぬ畏敬すべき存在と思っているラリ氏に向かって突っ込んでいった。
今回はオレは助太刀があったこともあって、前回よりはぜんぜん戦えた!
しかし、敵もさるもの。
向かってくる小生意気なエステバンに的を絞り、うまく三角形の中に閉じこめるや、一斉射撃でこれを片づけてしまった。

「くっ」
燃えさかる甲板で再びうずくまろうとするエステバンにオレは叫んだ!

「おい、これで終わりじゃねぇだろうなー!」
ヤツが顔をあげた!
「なあエステ!びびってるのは、強え海賊にじゃねえだろ?煮えきらねえ…自分自身にだよなぁ!」
はっとした表情でオレを見返すエステバン!
ようやく前を向きやがったか!
よっしゃ、あと一息だな!

「エステ。俺は本気で勝ちに行くぜ。死ぬ気でついて来いよ!」
叫ぶやオレは出航した。
艦隊には他にはHRR、そしてエステの兄弟分のユリさんが入ってる。

エステバンはほとんど喋らねぇが、今回のテンションはさっきの戦い、逃げるに逃げれねぇだろ的な理由が先だって戦いに参加してきたさっきのそれとは違う。
戦おう、自分の意志で戦おうという気持ちが見てとれる。
しかしまだそれは弱い火でしかない。パチパチと燃え上がり始めるにはまだなにか触媒が必要なようだ!

果たして、V艦隊に近づいていくとラリ氏が自信満々で叫んだ
「エステ…今日はな…腐ったミカンを排除しにきた@@」とあまりにも
手厳しい挑発!

だがそれに言い返せないでいるエステバン!
まだ自分に自信が持てないのか!?まだ自分にびびってるのか!!

腐ったミカンじゃぁないんですよおおお!
言い返さないエステバンの代わりにオレは叫んだ!
こうしてオレたちとV艦隊の3度目の戦いが切って落とされた!

あたいもヴァイキングだ

全く話と関係ないが、オレの副官2!
能力いまいちだが、ヴァイキングの血を引いていることで選んだ!

つづく




FC2ブログランキング

賢明な読者諸君ならもうお気づきのことと思うが今回のエントリはこことコラボになっている。よって同じ時間軸で続きを迎える。次回「気合い注入編」最終話。新たな明日に向かってさらに燃え上がるおれたちの戦いにクリック!
スポンサーサイト

コメント

こーゆー熱いブログを読んでると 

俺もやる気がわいてくるね!!
アーセナル | 2006/05/27 15:15 [ 編集 ]
>アーセナル

そういってくれると本当に嬉しいぜ。
これからも誰よりも熱く燃えていくぜ
ジントック | 2006/06/16 01:41 [ 編集 ]








ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://stomachmuscles.blog18.fc2.com/tb.php/354-7746e2e6

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。