腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/31(Sun) 21:54
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。

今年ももう終わろうとしている。
大晦日、なんのエントリを書くべきか。大海戦か?トッ子の話か?

今年のことを振り返った時、最後に語っておかねばならないことはたった1つしかない。ずっとオレを助けてくれた一人の少女。その少女との切なすぎる別れ。
(このエントリはカエデ編と連動しています。併せてご覧くだされると幸いだぜ)

正直、想像外だったこの別れはオレにDOLライフ最大級の衝撃を与えた。
それが発覚したその日はオレたちの商会イベントの当日だったため、ショックを受けたオレがモチベーションをなくすことを恐れたHRRがそれをおもんばかって、翌日までそれを隠し通したくらいだった。

実際、その後オレは絶不調に陥った。
ドンと抗争していたこともあって、中の人のマレー長期出張もあって、一切がっさいほとんどのフレとの交渉を断って、一人で自分の気持ちを整理できずに過ごした。
唯一、水曜のラジオが他人との交渉の場になった。
そこで虚勢を張ったオレは必死で元気を振り絞ってしゃべっちゃいたが、敏感な人はオレの調子が明らかにおかしいことに気づいたらしい。
何人ものフレが心配してくれ、励ましてくれたが、それでもオレの心は晴れなかった。
調子が悪いなら休んだ方がいいよと進めてくれたフレも幾人もいたが、オレはいよいよ思い残すことがなくなるか、過疎でゲームが成立しなくなるまでは、プレイし続けると普段じゃら公言していたことに引きずられ、意地になってインし続け義務のようにゲームをし続けてしまった。

その後、12月に入り、いろんな方面から「もう公演はしないの?」と聞かれたオレは、なんとなく、そうなんとなく引っ張られる形でクリスマスイベントの開催を発表した。
例によって自分の言葉に縛られたオレは、不安を抱えたままその準備に入った。


そういえば去年のクリスマスイベントの時もオレは体を壊してて、みんなに助けてもらいながらやったんだったな。
その後の1周年公演も、GW公演も、今年の腹筋ツアー2006もずっとみんなに、特にあの少女がオレを助けてくれたんだった。
そう思った時、再び胸が締め付けられた。

結果的にオレはこんな日にもかかわらず見に来てくれた、応援のメッセージをくれたサポーター達、そしていつものごとく駆けつけてくれたサポーター。さらにはオレを励ますために誕生したトッ子の存在に助けられなんとかクリスマスイベントを終了することができた。
いろいろ課題もあったが、なんとかショックを乗り越えて、先に踏み出すことができたと実感できた。

だからこそ、この後もオレが活動していく上で、新たな一歩を踏み出す上で、そして忘れえぬ思いと感謝をこめて、あの少女の思い出を語っておかなければならないと思った。
ここまで見てなにを大げさなとか、たかがゲームでと思ってる人もいるだろう。
でもオレは、本音として、心からの思いをこめてこのエントリを書いている。

オレがその少女、神子上きりんと出会ったのは2005年の真夏のことだ。
世界腹筋ツアーをはじめて3日目のオレはハンブルグ公演を行った時、なにをしているのだろう?と興味を抱いた彼女はオレの拙い公演を見物してくれた。
そして応援しますねと言葉を残して記念撮影をして別れた。

オレときりんさんとの出会い

去年の8月公演3日目に出会ったオレたち。
その時はパフォーマーと1観衆の形で別れた。

そしてオレたちはその翌日早くも再会した。
その日休みを利用して8港で奉納公演をすべく大忙しだった。
なんとかダブリンでグレッグ師匠を捕まえ、カレーでねおさんを捕まえ、公演を成立させたオレだったが、アントワープでは無観客状態に陥った。

だが、公演はしなければならない。
オレは誰もいない教会前で必死で腹筋を開始した。

翌日劇的に再会

偶然にもそこに冒険クエで通りかかったきりんさんが立ち止まり、オレの公演を最後まで観賞してくれた。
そして奉納ファフニール像を受け取り、さらには高価なアイテムまで是非衣装にとプレゼントしてくれた。
その後、きりんさんは最大のサポータとしてとことんオレを応援してくれた。
腹筋ツアーの宣伝を兼ねてレースに出ようと思っていたがメンバーが集まらなかったオレとチームを組んでレースに出場。


ヨーロッパツアーの大半に駆けつけ、さらにはツアー終了を飾る腹筋祭2005の資金を調達するために、オレがアフリカ-中東-インドツアーをしている間必死に交易して、最大額の寄付をしてくれた。
ツアー終了後、設立された腹筋企画の活動資金の大半は実はこの時きりんさんが稼いできれた資金でまかなわれていたんだ。
きりんさんは超大金持ちってわけじゃない。
むしろお金は必要な分以外はもたないし、身内に気前よく生産物をあげてしまうので、お金持ちの冒険者や軍人ほどにもお金は持っていなかったと思う

アルギンで腹筋音頭の振り付けを練習した日々

腹筋ツアー2005のファイナル前日の一コマ。翌日に備えて猛練習するオレとエステをきりんさんとカエデが見守っていた。

そんな尽力もあって腹筋ツアー2005は腹筋祭の大成功もあって見事終了。
そしてツアー2005の後、ひょんなことからタレッテ艦隊を組んでインドまでいったオレ達。

思い出のタレッテツアーでの一幕


カリカットでいろいろやっていて時間はすでに深夜に、きりんさんがつと話してくれたことがある。

最初にハンブルグで会った時は応援するってはいったけど、そんなにホンキじゃなかったんだよ。
だって全部の港で公演するなんて無理だと思ってた。でもアントワープで誰も見てないのに必死で腹筋してるオレを見て、オレが本気なんだってことに気づいて、だったら全力で応援しなきゃって気分になったとのことだった。

確かにあの時は観客はいなかったし、手を抜こうと思えば抜けたんだよな~。でもあの時のオレはもう必死で必死でそんなこと考えつきもしなかった。
あのツアーはオレの存在をかけた真剣勝負だったんだよ
なんてことを切々と語り、きりんさんはカエデとともにオレの話をうんうんと聞いてくれた。

このときからオレ達は本当に親しくなったんだと思う。

その後もきりんさんとの思い出はつきることはない。
・アクエリアスさんがミスミノタウリの姿を現したとき、アクエリアスさん側に誰もいないのがかわいそうという理由で闇に落ちたふりをし、その後ストックホルムでオレ達と戦い色つきになってしまったきりんさん。(これが原因で真・ダーク腹筋編が開幕することになった)

ダークきりん見参


・バザーや収穫祭に大挙して出かけたときも一緒だった。
ヴェネツィアバザーでのきりんさん


・バルシャレースに出場

・シエラレオネ大海戦

・エウロスで行われた3サーバー交流イベント

・ロンドン保育園設立

・ハロウィンパーティ

・クリスマスイベント
クリスマスイベントのきりんさん

ジントック家のの家宝のエイリークの鎧を取り返してくれて、オレにクリスマスのプレゼントとしてくれたきりんさん。今でもオレの宝物だ。

・エステパワーアップカリブ合宿

・とある冒険クエに必要なペルシャ絨毯を入手するために予定外のアラビア行きにもためらいなくつきあってくれた
ほうきで戦うきりんさん



・莫大な借金を抱えるオレを叱咤し、励まして、大嫌いなブメを完遂して大量の宝石を買わせてもくれた


・正月獅子舞公演
獅子舞公演に参加中のきりんさん


・バレンタイン企画
ヴァレンタインイベントではしゃぐきりんさん


・DOL1周年公演
1周年記念Zサーバー公演fでパフォーマンスにかり出されるきりんさん


・エステバン誕生日ホワイトデーホストクラブ営業

・保育園運動会

・アマゾンタレッテツアー
アマゾンタレッテツアー


・大冒険トレジャーハント

・腹筋ツアー2006
腹筋ツアー2006でのきりんさん

Notosツアー最終日より

腹筋ツアー2006 in Zでのきりんさん

Zephyrosツアー最終日より
なお、きりんさんは3サーバー公演の大半に駆けつけてくれた。
実はEuros用の奉納像を揃えてくれたのもきりんさんだ。

・幽霊船イベント
真夏の幽霊船イベントでのきりんさん


・幻のネタ 天然戦隊うなレンジャー 
幻のネタ

去年の今頃誕生したネタだが、未だオンエアには至っていない。


いつも節目のイベントにきりんさんはいた。仕事の失敗でオレが落ち込んでやる気をなくしていたときも、必死で名声を稼ぐきりんさんの姿に励まされて、オレは頑張ることでは誰にも負けねぇと立ち直った。

生産品や消耗品もきりんさんがいつもつくってくれていた。
かつては大砲を、パティシエに転職してからはほとんど原料費だけでお弁当を作ってもらった。消耗品もほとんどただのような値段で、時にはただで提供してもらっていた。

ムシのいい部分は多分にあるが、オレはすっかりきりんさんにそういった部分を依存して自分のやりたいことをやりたい時にやってきた。
楽しい日々。だが、オレたちの旅は唐突に終わりを告げた。

どういう煩悶があったのかは解らない。
前から稀に生真面目なきりんさんは思い悩むことがあったが、秋口になってきりんさんはどうも乗れないでいる様子だった。

その煩悶がなにに起因するものなのかはオレには全ては解らなかった。
そして秋も深まってきた9月の終わり、きりんさんはしばらく充電のために休止を宣言した。

年末には帰ってくるよと宣言しての休止。
寂しくなるなと思いはしたが、きりんさんの休止の前日、オレたちはきりんさんの要望で中南米港巡りをしつつ、最後の日を楽しんだ。

思い出の場所で待ち合わせ

思い出のアントワープで待ち合わせ。そのときの格好でやってきたきりんさん

お別れの南米ツアー1

お別れの南米ツアー2


だが、その日の深夜カエデがアルゼンチン海盆で消息を絶った。

カエデもなんらかの壁にぶちあたり、煮詰まり始めていたことは薄々はわかっていたけど、そのトリガーになったものがなにかは今でも解らない。
まさかこんな形で別れることになるとは思わなかった。それでもキャラでりはしても、DOLをやめる気はないということを明言していたことが救いだと感じていたオレはなんとか平常心をぎりぎり保てた。

でも、きりんさんのショックは大きかった。
翌日、アルギンでみんなで過ごしたのを最後にきりんさんは休止に入った。

腹筋音頭再び

休止するきりんさんに、昨夏ここで完成した腹筋音頭を贈る

この時点でオレはなんとなく嫌な予感はしていた。

でもオレは年末にはきりんさんは帰ってくると言っていたことを信じようとした。

今度帰って来るときは今よりも一人前な軍人になってるぜ。
んでもって、いつだったか。そう真・ダーク腹筋編が終わった時に約束したみたいに、いつでもみんなを護衛できるくらい強くなてるぜという約束を果たそうとオレは嫌な予感を打ち消すように海事修行に励んだ。

しかし、休止から1月が過ぎて、きりんさんがブログでカエデの後を追ってキャラデリ、そしてDOLの引退を発表した。
今回はカエデの時と違い、どこかで生まれ変わるという保証もない。もう会う可能性すらもなくなる。
オレの心は千々に乱れた。どうしていいのかも解らず、冒頭の状態にと陥った。

いつかは別れが来るのは解っていたし、この手のMMOというのは自分ではまだ続けたいとか、復帰したいと思っていても、リアルの都合でそうできないことも多々あることも知っていた。
だからきりんさんが休止する日に、もうこれで会えなくなるかもしれないからということで、最後に言っておきたいことの一部だけは告げておいた。。
だけど、その最悪の予想がこういう形で結実するとは思いたくなかった。

なにもかもうんざりしたオレはすべてのモチベーションを失ってしまった。
でも、きりんさんは自分で決めたんだからそれにオレ達が引きずられちゃダメなんだというフレの言葉にかろうじて踏みとどまった。
確かにここでそういうショックの連鎖を断ち切らないと、こういうものは次々伝播していきかねない。

でもこのときから、本当にやる気をなくしたオレはいつものテンションでゲームができなくなっていた。
折しもマレー出張真っ最中で、稼働時間も減っていたこともあり、この時期どんなことをしていたのかもよく覚えていない。

日本に戻ってきてもそれは変わらなかった。
結局、最後の約束。今度戻ってくるまでにオレはさらに強くなっているよとの約束を守るべく、これも感傷でしかないんだろうが、ムキになって海事をしてオレが軍人としての1つの転機と考える56Lv(かつて斥候や補給隊という新海事職は海事Lv56が要条件だった。今はLv48まで下がったが)まで年内に、きりんさんが帰ってくるよといった年内の間にムリヤリ引き上げることに熱を注いだ。

そして今、オレの海事Lvは56になった。
クリスマスイベントも終わり、なんとか今後もやっていけそうだという確証をようやく手に入れたオレは、その翌々日にアルゼンチン海盆に赴き、今の自分の姿をきりんさんにそ、してカエデに披露した気分になって戻ってきた(これも感傷でしかないことは解ってるけどさ)。


今やオレはロンドンの商会を引き払って、ジェノバの商会に所属している。
アパルトメントも持っていないオレはロンドンに戻ることはめっきり減った。
ロンドンよりアムスやオスロにいることの方が多いくらいだ。


それでもロンドンの噴水脇の犬のそばでいつもバザーをしていたメガネをかけた街娘はもういないと思うとやるせない気持ちになる。
最近、年末年始イベントの関係で一時的に腹筋チャットに復帰するまでは、ほとんど商会チャットくらいしか入っていなかったのに、「聞いてくれよ、きりんさん!」と休止してからも何度か話しかけそうになりもした。
でもきっとこれもオレの感傷なんだろうな。
人間どんなに悲しくても腹が減れば飯も食う。そんな日常を過ごしていくうちにいつかなにもかもが思い出に変わってちまうんだろうなと思う。

最後に、「反省はしても後悔しない」をモットーにしてるオレだが悔いの残ることが1つだけある。
きりんさんがキャラデリを決意して最後に1日だけアルゼンチン海盆地に移動したその日、オレはレイヴンズナイトのMCに加え、チャットにイナ・トモ氏がいたことでほとんどきりんさんと話していない。
オレは敵対していると言い、見つけ次第、襲いかかる。そっちもそのつもりで死ぬ気で来いよとまで言っている関係のマナー上、ラジオチャット等で彼と一緒になってもまったく会話をしないでいる。
そんなことが理由でほとんどきりんさんと対話ができなかった。
あの日くらいラジオをほっぽらかしてきりんさんと話をすればよかった。
きりんさんがログアウトする瞬間に一言Tellを投げるのが精一杯で本当に言いたいこと、いろいろ話したいことがあったのになにも言えなかった。
それは残念でたまらない。

きりんさんが今もここを見てくれているのかは解らない。
もうゲーム中で会うこともできないし、きりんさんのブログもなくなった今、こういう形でしか言いたいことを発信することしかできなくなった。

オレたちのことを知らない人たちにとっては長ったらしくてよくわかんないエントリだなと思うだろう。
でも来年に向かって、なんとかクリスマスイベントをどうにかこうにか終わらせ、今夜除夜の腹筋イベントをすることが確定した。
新たな一歩をようやく踏み出す気になった今だからこそ、万感の思いを込めて、思い出とあの日言えなかったことを語らせてもらった。

きりんさん、ずっとオレを見守ってくれて助けてくれてありがとうな。
あの日アルギンでオレのことを忘れないでくれよと言ったけど、オレもきりんさんのことを忘れないぜ。
これから新しい友達や、サポーター、仲間もできていくかもしれないけど、オレはこの最初の1年間の思いをずっと抱いて、これからもやっていくよ。
できれば、できることならもう一度だけ話をしたいってことだけ言わせてくれ。

きりんさんとの最後の一幕

こうして2006年9月25日にアルギンでとったSSがオレ達ときりんさんとの最後の1枚となった。

あの暑かった2度の夏に300%完全燃焼したテンションには及ぶべきもないけど、100%燃焼できるとこくらいまではなんとか気力も戻ってきた。

普通の人ならここでさよならを言うとこなんだろうが、「さよならは言わない」がオレの信条だ。
だから、難しいことは解ってるけれども、それでもあえてこう言うよ。
「我がかけがいのない友にして、皆に愛された大商人神子上きりんへ またな!」

そして今日もオレはセビリアできりんさんが先にこの世界から消えた双子の妹を思ってつけた名前の商会「かえで色の海のクジラ」を見るたびに、あの夏の日からの駆け抜けた1年に思いを馳せていくんだろうな。

あの日々の美しい思い出よ。
どうか今後のオレの力になってくれ!!

思い出のタレッテ艦隊

みんなの心に今も強く残るタレッテの旅。オレのもっとも大事な思い出の1つだ。
スポンサーサイト

コメント









ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://stomachmuscles.blog18.fc2.com/tb.php/457-cf02c37c

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。