腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/03(Wed) 17:19
うぉっす、ヴィッキー・ジントックです。


新年しょっぱなのエントリは。
オレと妹の笑いと涙の出会いと冒険そして別れについてのお話。

すでにご存知の人も多いと思うが、昨年の12/15にオレに会ったことのない妹が登場した!

あたしがジントッ子

ことの経緯はこうだ!
その日もオレはどこかすさんだ気持ちでひたすら年内中にレベルを56にあげるためにインドの海で一人海事に励んでいた

その時

ジントッ子 >>>あなたの心の癒しだにゃー
>> ジントッ子>まて・・・・・・
ジントッ子 >>>なにかにゃ?
>> ジントッ子>だれだおまえ
ジントッ子 >>>あなたの妹だにゃー!
>> ジントッ子>いやな予感がする
>> ジントッ子>どこにいる
>> ジントッ子>貴様どこにいる
ジントック>おい、今
ジントッ子 >>>もちろんセビリアだにゃーン、
ジントッ子 >>>アムスの商会バザーに気づいていれば
ジントッ子 >>>オトナの商会に参加してきたのににゃ
ジントッ子 >>>あなたの妹は、まだまだアンテナが短いにゃー
>> ジントッ子>きたよ。自称隠し子に続いて自称妹・・・・・・
>> ジントッ子>オレに妹がいたなんて・・・・・
ジントッ子 >>>これで
ジントッ子 >>>バン子ゴロン子ジントッ子 だにゃー!

唐突な出会い。
ここまではよくある話だ。
オレの身内を騙る者は(特に娘を騙る者)は少なくない。
ジントッ子が出現したのはネタの都セビリア
しかし、オレはインド。
さらにこの日はいろいろあって帰れそうにない!
トッ子も眠いからといってすぐ落ちてしまったため、この日はこれ以上の進展なく終了。

しかし、バン子、ゴロン子まで知ってるとはただものではない。中の人は間違いなくオレの近しいフレなのだろう。
なんかもやもやが残ったまま翌日

ジントッ子 >>>あなたの心の癒しだにゃ^^^^

再びトッ子より突然のTell
この日は土曜日でなんでもトッ子はセビリアのオークションやバザーを見物して回るつもりらしい。

しかしこの日オレは偶然インドで遭遇したサポーターの勅命を手伝うことになり、すぐに帰還できる身の上ではない。

なんとしてもトッ子の正体を確かめたい。
そう思ったオレはフレリストを上から片っ端からチェック。

いた!
どうやらkellyさんがセビリアに。
この時間ってことはkellyさんもオークションだな。

しかしkellyさんの場合、外の人は存在しても中の人が必ず入っているとは限らない。
いてくれよと願いつつ、Tellを入れる。

kelly:ん?はいはい?

いた。
オレは、オレの妹を名乗るジントッ子が現れたこと、ジントッ子がセビリアのオークションを見物に言っていることを説明し、SSをとってブログのファイルスペースにアップしてくれるよう求めた。

生真面目で几帳面なkellyさんはこれを了承。
これが実の妹のらくだ姐さんあたりだと、「面倒くさいなぁ。SSはとるけどアップは後でいいだろ」

なんてことになりかねないだけに、特派員kellyさんを指名できたことで一安心だ

で、オレの中の人はkellyさんの仕事を待ちつつ風呂に入って戻ってきてみると、トッ子のSSがアップされていた。

トッ子が行く

エントリ冒頭のSSと↑のSSはこのときとったものだ。


親父譲りの銀髪。雰囲気。
しかもどんなに疲れて帰ってきても風呂はかかさないとこなんかもオレとそっくりだ。
しかもトッ子がつけてる眼帯はオレの親父の眼帯だぜ。
さすがにお前など知らないとは言える状況ではない。オレの妹に間違いない。

さて、このブログを初回から隅まで隅まで読んでる人はちょっとそれおかしいだろう!
と突っ込むだろう。

さもありなん。
オレの親父はデンマークの徴税人ともめ事を起こして死んだ。
お袋も早いうちに死んで、天涯孤独の身となり、その後、師-先代マスター腹筋と修行の旅に明け暮れるようになった

というのがオレの設定のはず。
そのオレに15も離れた妹がいるはずなどないだろうと!

さらにジントックで苗字だろ。
ジントッ子っておかしいだろうという突っ込みもHRRから入った。

まったくもってその通りだ。
だが、だが、こう考えれば整合性がとれる。


時代遅れのヴァイキングことオレの親父ハルヴァル・ジントックはデンマークの徴税人と争い(この時代ノルウェー王国は独立を失い、デンマークの従属下にあった)、オスロ湾で戦った後、海に落ちて行方を断ち(行方不明-死亡)と断定された。

だが実際は親父は生きていた。
しかし記憶を失い、自分の名前をも忘れ、ジントックという先祖伝来の苗字のみ覚えていて、自らをジントックと名乗るようになった。

で、そのままイベリアまで流れていき、現地の女性との間に子供を作り、生まれた娘に自分の名前の一部をとってジントッ子と名付けた。

死に際に、親父はすべてを思いだし、ジントッ子に生き別れの兄がいることを告げて今度こそ本当に死んだ。

OK、あとは単行本収録の時に、回想シーンで胸に槍がささって親父が死んだシーンを、体のどこかを槍がかすめて海に落ちるシーンに差し替えれれば万事解決だ(笑)

ともあれ、オレの妹であることは間違いない。
会ったことのない兄を追い求め、セビリアに出てきたジントッ子。
そしてオレが今遠いインドの海にいることを知って呼びかけてきたらしい。

これは会ったことのない妹に会いにいかねば。
翌日は休日出勤だったために、週が明けてからオレは移動を開始した。
高まる不安と期待。

トッ子とオレの運命の出会い


果たして、オレたちはついに出会った。
この出会いに偶然立ち寄ったkelyさん由乃さんはもらい泣きしていた。
風味は突然現れた姉の登場に大喜びしていた。

しかし、トッ子は衝撃の事実をオレ達に告げた。
トッ子は不治の病体験アカ病のためにこの時点で残り10日くらいしか生きられないとのこと。
そうか。なんてことだ。だからオレを必死で探していたんだなー(涙)

さしあたっては、オレはトッ子のささやかな願いをなにか叶えてやりたくなって、したいことがあったらなんでも言ってくれ。お金以外のことならなんでも叶えてやるぞとトッ子に持ちかけたところ、そこに偶然現れた大仏さんとオレに決闘するのが見たいなどと無茶を言うトッ子。

当然、オレはなんの準備もできてなく手ぶらだったが、必死でトッ子の期待に応え、大ちゃんを血みどろになってなんとか倒した。
ふう大ちゃんも手ぶらで助かったぜ。

意外に過激な性格のトッ子。
とてもあと10日で逝くとは思えないぞ。

そしてトッ子が次にオレに望んだものはまさにジントック家の血のなせる技としか思えないハチャメチャなものだった。

後編につづく

スポンサーサイト

コメント









ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://stomachmuscles.blog18.fc2.com/tb.php/460-8e411d72

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。