腹筋な日々!

大航海時代オンラインのNotosに生息する「時代遅れのヴァイキング」ヴィッキー・ジントックの毎日と、彼の所属商会『Einherjar』の興亡の記録

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/26(Sun) 14:21
儂が先代マスター腹筋グエン・ヴァン・チョン・チン・チャイ・チョイ・チュン・チェンである。


(前回までのあらすじ)
先代マスター腹筋グエン・ヴァン・チョン・チン・チャイ・チョイ・チュン・チェンはかつてダーク腹筋との戦いで生命を落としたが、その弟子にして現マスター腹筋ヴィッキー・ジントック
のあまりの行き当たりばったりの生き方に危惧を覚え、この世に舞い戻った。
その腹筋フォースゆえに、すでに死んでいるとは言えよほど霊感のない人間以外は彼の姿を見ることができるという存在力を死してなお有しているが、この世に舞い戻る際に謎の制約を受けて自縛霊化し、海に出ることができなくかった。
しかしこの世に舞い戻って初めてのお盆に、その呪いが一時的に解けていることを知り、この世に舞い戻ってから初めて海に出て、かつてジントックと修行の日々を過ごしたオスロに向かい、そこでお盆法要を行った。
その後、ロンドンに戻りゆっくり休もうとしていたのだが、ジントックが師匠がこのお盆の間に故郷ベトナムまでタレッテで向かいますと世間にむけて宣言してしまったがゆえに、心ならずもタレッテの旅をすることに。
さまざまな紆余曲折の末、半日かかってマスカットにたどりついたのだった。


マスカットについた儂はインド諸語を習うために、アル・ガウリ邸に向かった。
ん、通じない?
バカな!儂はペルシャ語をもっているぞ!
多少混乱したまま知人に尋ねてみると・・・・・・・・・ペルシャ語が使えるのはホルムズとバスラだけ。マスカットはアラビア半島にあるので、アラビア語圏だよとのこと。

なんと言う仕様の罠じゃ。
誰かに通訳してもらうべくシャウトするが、この時間帯ほとんど人がいなかったことに加え、身体言語でやってますのでという人しか見つけられなかった。
く・・・・インド諸語がないと危険すぎる。やむを得ん。ホルムズに向かおう。


ようやくホルムズじゃ



ちなみに補助帆がついていないタレッテの縦帆性能は25。
マスカット→ホルムズまでは完全な逆風。
あの距離を片道15分、15分かかりよったわ!

ちなみに一瞬モニタから目線をきったところで、イスラム私掠艦隊に1発で吹き飛ばされ、食った余分な時間も入っておるがな・・・・・・

この時点で出発からすでに4時間以上経過。


とにもかくにもインド諸語を覚え、さらに小スパンカーを購入し、気分少しだけ速度の増したタレッテで向かう先はゴア。
補助帆じゃ。今度こそ補助帆を確保するのじゃ。

マスカットからゴアまでは比較的早く20分弱で到着。
店売りの補助帆ではあるが、よーやっと手に入れることができたわい。


儂の船が火事だ

火事でインド洋で沈んだこと以外は順調じゃった。

航海も半分を過ぎてから艤装体制が整ってくるとは情けない話じゃが、ヴィッキーが絡んでしまった以上、行き当たりばったりな航海しかできないんじゃろうか。


そしてゴアから南下すること約15分
ついにカリカットに到着。
ここまでで、5時間。航海の準備開始から考えるとゆうに8時間は経っている。


ちょうどこの日、DOLの外の世界では欽ちゃんがマラソンをしているが、儂が死んだのは67歳。欽ちゃんよりも年上じゃ。
24時間ラジオ※をやってくださいという血も凍る企画の打診が某所よりあり、さすがに今年のツアーには組み込めないからといってヴィッキーは断ったが、結局その廉価版のようなことを師である儂にやらせるとは・・・・・・
バカ弟子めが!!


※24時間かけてヴィッキー・ジントックが全世界を回りネタをやるという企画。それをラジオで何人ものMCがリレー方式で放送。
最後にみんなで黄色い服を着たスタッフが待つリスボンにジントックが戻ってくるという危険極まりない企画だった。
腹筋ツアーのスケジュールがただでさえタイトで8月中にアジアツアーを終了させることがすでに不可能に近いこと。ラジオのMCの調整がつかなかったことで“今年のところは”断った。
なお類似品として、以前18時間ヨーロッパとインドを往復し続けるというのと、16時間お菓子を作り続けるというのをやったことがある。


時計を見るとすでに20時30分
リスボンでの大アマゾンツアーシャトルバス乗り場の集合が刻一刻と近づいている
儂はこの日のこれ以上の移動をあきらめ、ヴィッキーにバトンタッチ

この後、ヴィッキーはリスボン→カイエンヌ→アマゾン川上流→リスボンと移動を繰り返し、結局落ちたのは午前2時・・・・・・


結果的に儂の中の人は13時間連続でかなり過酷な稼動をすることになったわけじゃが、相変わらず体を張るのう。
24時間ラジオをやっておったら、この倍同じようなことをせねばならぬとこだったか。
しかしこれで終わりではない。
翌日の22時までにジャカルタについていなければ儂は一ヶ月近くよく解らない港で過ごさねばならぬ恐怖の罰ゲームが待っておる。


仕事から帰ってきてインしたのが20日の20時。
2時間あればさすがにジャカルタまでいけるじゃろう。


だが、ここで儂は猛烈なやるせなさを感じていた。
いかに!いかに故郷に帰っても、所詮入港はできぬのだ。


それならば、儂が人生の50年近くを過ごした地を訪れたいというのが人情というものではないか。
かくて儂は時間が押しているにも関わらずカルカッタを一路目指すことにした。

カリカット出航から約30分強、儂は第二の故郷カルカッタにたどりついた。
この街から見えるあの山の奥で儂は腹筋の奥義を極めたものよ。
そして、別世界からやってきた西洋の航海者に心より驚き、世界の広さを知った。
「この広い世界から儂の後継者を見つけたい」と、齢60近くにして荷物をまとめ西洋に旅立ったあの日

で、この広い世界から見つけ出した後継者がきやつで、儂は死んでなお苦労が耐えぬというわけだ。
ため息をつきつつ、2年前と変わることなく交易所の前で生糸を求める縫製職人を尻目に、儂は晩年を過ごした寺院へと足を運ぶ。


カルカッタのマスター



ふむ、この水盤じゃこの水盤の奥で儂は生命を落とした。
儂もあと10、いやさ20若くば、ああも簡単にダーク腹筋に不覚はとらなかったものをと、感傷にふける。
いかん、いかんこんなことをやっている暇はない。
このあたりの港で閉じ込められることになったら目もあてられぬわ!


おっと、感傷的になったまま大事なことを忘れて港を出るとこじゃったわい。
銀行で金を50万Dほど降ろす。
東南アジアに入港できない儂は万一金がなくば定期船に乗ることはできなくなるので、トラブルが起きることを前提に大目に金を降ろしておかねばならん。


こうして、今度こそ儂はカルカッタを後にした。
お盆に魂は故郷に帰るものという。その意味がなんとなく儂にもわかった。
初めて、わざわざこんなとこまでやってきてよかったかもしれぬと思った。
来年の盆は勅命を達成し、故郷のベトナムに戻るかもしれんのう。



その後の旅は以外にも順調じゃった。
せっかく消火砂も買ったのに火事も起きなかった。

NPCの襲撃でも事故がおきなんだ。
というのもベンガル湾海域を抜けると東南アジア海域に入ることになり、そもそも東南アジア海域のNPCにはそもそも停戦命令書が通じないので、NPC用上納品を使う必要が生ずる。

対してインド海域までのNPCには停戦命令書が効く。
しかしこの停戦命令書、停戦するかどうかは普通に確率なので、何回も使っても相手が取り合わぬという場合がありよる。
ここに来るまでに何度か起きた事故はそのパターンじゃった。

しかし、NPC用上納品は使ってみると必ず効くのだということが判明した。
このNPC用上納品の高さに大して金を持っていない儂は閉口したものじゃが、この効果ならあの値段もやむなしかもしれんのう。


マスター東南アジアを行く



そして時間とともに小さなタレッテはマラッカ海峡を抜けマレー半島の先端を回ると、そこは遥か遠い少年の日にみた故郷の海だった。
そしてヤーディン。


マスター故郷に帰る

我が故郷・・・・・・


故郷に帰ってきた



しかし、入港許可がないため、入ることはできない。
出航所でやや故郷の風と戯れた後、儂はヤーディンを後にした。
この時点で20日の21時。

トラブルがなくば、22時のジャカルタ発のケープ行きの定期船に乗ることができるじゃろう。
読者の皆には残念なことかもしれぬがジャカルタまでの旅はまったくなにも起きず20分ばかりで終了した。


遠すぎたジャカルタ



こうして2日間にまたがる東南アジア精霊流しは実航海時間 6時間半、準備までいれると9時間半で終わりを告げた。
あとはケープで乗り換えにに失敗せねば、リスボンまでは帰れる。
リスボンなら最悪閉じ込められることはあってもやること皆無とはなりそうにないので、最低限のレベルではミッションはクリアできそうだ。


折りしもヴィッキーは史上初の定期船公演のために、22時発のリスボン発ケープ行きの船にのってこちらに向かうのだと言う。
23時にジャカルタに折り返し戻るこの船に乗って公演をしながら、東南アジアツアーに向かうのだという。
つまりケープで出くわすことになるわけだな。


22時半、ケープに到着した儂は船を降り、街の中へと果たして奴はいた。
ケープの銀行員と交易所の主人の間の小さな広場で、公演の準備をしているどこだったので、儂は近づいていき、怒りの説教。

ヴィッキーを説教



しかしギャラリーがそのあたりに座り込み、ぴらるきゅ娘。の到着を待っているのに、それを中止して説教するのも大人気ないので、もっともっと説教したいのを我慢して早めに切り上げ、リスボン行きの船に乗り込むこととした。
23時、リスボン行きの定期船がケープ出港、23時半リスボン到着。


裏ではヴィッキーがそのままジャカルタ公演に突入。24時15分頃終了。
今回操帆がないまま長期航海をしたことに懲りた儂はリスボンでちさとに冒険者転職クエを紹介してもらい、このクエの達成のためにアムステルダムを経て、ロンドンへと戻ることとした。



24時45分くらいにアムステルダムについた儂は港の酒場そばでよく知った連中の姿を見た。
ヴィッキーの友人であり、なおかつあやつがMCを務めるレイブンズナイトの公式スポンサーであり、(株)腹筋企画の株主を何人も抱え、さらには多くのサポーターを有する商会、山百合会の面々ではないか。
なんという偶然。


近づいてみると、法要が終わったのにマスターなにしてるんですかーの声。
ぴらるきゅ娘。のリーダーでもある会長の由乃殿やヴィッキーの内弟子であるウナス風味(ということは儂の孫弟子ということか)、ゴロンタ殿や、十南殿までいる。

儂はヴィッキーの都合で東南アジアまでタレッテで流され、明日の大型アップデートまでに必死で帰ってこなければならなかったことを説明した。


それよりお主たちこそ、こんな時間にこんなとこでなにをしておるのかね?と尋ねると
商会納品の準備をしているということ。
なるほど、偉いのう。
作りたいときだけ作る、納品したいときだけする。心の赴くままに生きることを旨とするどっかの商会とは大違いじゃのう(笑)


もう明日には新世界が構築されるのだ。この最後の日にこんな場所で出会えるのは有徳の縁があるとしか言えぬ。
新たな世界でも幸せな未来であることを願い、儂はぴらむす。の新曲「Bear the World」を歌うことにした。


Bear the World in アムステルダム



この曲は未来への希望が溢れている歌詞でありながら、クールなロック調の曲で非常にいい歌だと儂は思っている。
特にこの曲のメインボーカルを務めることになっている由乃殿もいることだし、是非聞いて欲しい。

こうしてほんの偶然から東南アジアとこの北海の港。
世界の端と端の2つの港で、明日への限りない夢をこめて、「Bear the World」が響きわたった。


午後25時、儂はロンドンの自分の仏壇の中に戻り、長い儂のお盆は終わった。
昨日準備を始めてから36時間、中の人の稼動時間でも前日13時間、当日5時間というシビアな日々であった。


しかしアップデートで明日はこの世界そのものが眠りについている。
さぁ、儂もまだ見ぬ新世界が新たな夢で溢れた世界であることを願ってしばしの眠りにつこう。


この旅の白旗回数5回

火災:2回
撃沈:3回




師匠の冒険の旅はどうだった!評判がいいようだったら正月や春のお彼岸にまた師匠がなにかしてくれるかもしれないぜ!師匠のいいとこころを見たいという君、マスターGoGoとクリックしてくれ!みんなの声援があればきっと師匠はやってくれるさ

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

コメント









ブログ管理人にのみ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://stomachmuscles.blog18.fc2.com/tb.php/520-e4a7926f

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンタ

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

ジントック

  • Author:ジントック
  • ヴィッキー・ジントック

    Notosサーバー 国籍ENGLAND(かぎりなく無国籍的だが)
    商会 ジェノバ「Einherjar」副代表

    職業 ヴァイキング

    オスロ生まれのノルウェーヴァイキングの末裔らしい。
    現在はイングランドに在住してるが、気分は11世紀のヴァイキング気取りで、ヴァイキングメイルと角突きヘルムを愛用。
    二言目には「ヴァイキングだからな」といって無茶なことをして周りを当惑させ続ける。
    腹筋マスターとして腹筋を普及すべく世界腹筋ツアーを遂行!
    その後も毎日はちゃめちゃに弾ける日々
    通称 Rising Baka

    腹筋バーナー


FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

<ブログランキング参加中>
さらなるライジングバカ伝説を求めるものは押してくれ!君たちの応援があればこそ戦えるんだ!

ブログペット

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索



RSSフィード



大航海時代online TBP



リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。